界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸で肌に優しい洗顔を

洗顔の仕方や適正温度で肌の状態は変わりやすく、敏感肌の人にとっては、どんな石鹸が肌に合うのかわかりづらい事も。そんな悩みや疑問が少しでも解決できれば、肌も今以上に喜び、ハリや艶なども戻ってきます。 - 界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸で肌に優しい洗顔を

界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸で肌に優しい洗顔を

洗顔料に含まれる界面活性剤

洗顔フォームなどの洗顔料の多くには、界面活性剤が含まれています。これは、皮脂汚れを落としやすくするために配合されているものですが、洗顔石鹸にも界面活性剤は含まれているのでしょうか。また、界面活性剤が肌に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

洗顔石鹸の成分と界面活性剤の肌の与える影響

洗顔石鹸は、天然成分でできており、界面活性剤は含まれていません。肌の余分な皮脂や汚れだけを洗い流すために必要な成分のみが含まれています。そのため、洗顔石鹸には、界面活性剤が含まれている洗顔料を使用した時のような、肌に対する影響はなく、肌に優しい洗顔料であると言えます。界面活性剤は、水ですすいだ後にも、肌の表面に残ってしまいます。肌の表面に残った状態でいると、角質を剥がしてしまう働きがあるので、肌へのダメージを与えることになってしまいます。界面活性剤が含まれている洗顔料の使用を続けると、洗顔の度に肌にダメージを与え続けてしまうことになるのです。また、洗浄力が強力であるため、肌に必要な皮脂までも洗い流してしまい、常に肌が乾燥している状態を引き起こしてしまいます。

洗顔石鹸は肌に優しい

肌に大きなダメージを与える界面活性剤が含まれていない、洗顔石鹸は、とても肌に優しいものです。肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうこともないので、肌の健康とバランスを保ちながら清潔にすることができます。