洗顔石鹸と化粧石鹸の違いについて

洗顔の仕方や適正温度で肌の状態は変わりやすく、敏感肌の人にとっては、どんな石鹸が肌に合うのかわかりづらい事も。そんな悩みや疑問が少しでも解決できれば、肌も今以上に喜び、ハリや艶なども戻ってきます。 - 洗顔石鹸と化粧石鹸の違いについて

洗顔石鹸と化粧石鹸の違いについて

化粧石鹸とは

石鹸にはせまざまな種類がありますが、その中に化粧石鹸と分類されているものがあります。これはおもに体を洗うために作られた石鹸のことを言います。では、洗顔石鹸と化粧石鹸は違うものなのでしょうか。また、同じようとに使うことはできるのでしょうか。

洗顔石鹸と化粧石鹸の違い

洗顔石鹸は、顔を洗うために作られた石鹸で、顔の皮脂や汚れを洗い流すのに必要な成分だけでできているものです。天然成分でできていて、無添加のものが多いので、肌にとても優しいのが特徴です。洗顔石鹸で体を洗うことももちろん可能ですし、肌のためには洗顔石鹸を使用するほうが、乾燥を防いだりなど、メリットがたくさんあります。化粧石鹸は、体を洗うために作られた石鹸で、これを洗顔に使用することもできます。配合されている成分に注意をして、肌に優しい無添加タイプのものであれば、化粧石鹸で洗顔を行っても肌には問題はありません。洗顔石鹸に比べて、化粧石鹸の方が洗浄力が強いものが多いので、肌質によっては乾燥を感じてしまう場合があります。化粧石鹸で洗顔を行う時は、普段よりも念入りにすすぎを行い、その後の保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

どちらも洗顔に使用することができる

洗顔石鹸も化粧石鹸もどちらも洗顔使用することは可能です。ただ、顔の肌を洗うことに特化している洗顔石鹸の方が肌には優しいのは事実であるので、化粧石鹸を洗顔に使用するときは、念入りな保湿ケアが必要になります。